聞いて・見て 楽しんで、歌って・踊って 楽しんで

櫻美家 天勝


プロフィール

芸名:櫻美家 天勝(おうみや てんしょう)

本名:深尾 勝義(ふかお かつよし)

1943年(昭和18年)生まれ

滋賀県近江八幡市在住

 

幼少より江州音頭愛好家の父の影響を受け30歳のころ、真鍮家 文駒師(現:志賀國 天寿師)のもとに弟子入り

1997年(平成9年)に志賀國 天寿師と共に「祭文家」としての活動を開始

 

滋賀県江州音頭普及会では、1984年(昭和59年)の設立から20年以上にわたり広報を担当し、機関誌「江州音頭だより」の発行続け、同普及会主催の「江州音頭フェスタinしが 2015」では実行委員長を務める

 

地元の近江八幡市では、1986年(昭和61年)に全市協賛としては初となるの夏まつり「八幡てんびんまつり(現:はちまんフェスタ)」を立ち上げ、その後、実行委員長を務める

 

自身は歌い手として県内、県外(北海道 松前市、静岡県 富士宮市)、海外(アメリカ ミシガン州グランドラピッツ市、カンザス州レブンワース市、イタリア マントヴァ市、韓国  密陽市)のイベントに出演する他、「もっと多くの方に江州音頭の楽しさや魅力を知ってもらいたい」と地元の小中学校などで講演するなどの普及活動を続けている

 

また毎週水曜日は江州音頭塾を実施し、後継者の育成にも取り組んでいる

 この取り組みが評価され、2017年にびわこ放送「びわ湖ほのぼの大賞 子ども育成部門」を受賞

 

代表作は「水郷めぐり」「四季折々湖畔の宿」

「近江八幡よいところ数え唄」など10数点

 

その他

近江八幡市ライオンズクラブ会員(2019年度会長)

近江八幡市議会議員 (1999~2003年)

自衛官募集相談員(2004年 防衛庁長官より感謝状)

富士と琵琶湖を結ぶ会 会長

近江八幡市立資料館友の会 会長

近江八幡市観光物産協会 監査役など

 

1996年(平成8年) 八幡てんびんまつりのパレード

音頭取り 櫻美家天勝

  毎年京都で開催されている江州音頭フェスティバル

2000年(平成12年)

 

アメリカ カンザス州 レブンワース市の「レブンワースタイムズ」紙に日本のラインダンスとして紹介されました

 

歌と踊りで文化の壁を越えたと報じられています

 

右下写真:ケンバウワー市長(当時)も踊りの輪に誘われています




 

 

 

 

アドリブによる江州音頭を掲載いただきました→


 

 

 

2018.11.9発表『琵琶と富士の夫婦物語』→


 

 

 

 

江州音頭フェスタinしが 2015のダイジェスト→

                       


 

 

 

八幡てんびんまつり 2011から

 江州音頭のみをピックアップ(踊りあり)→


 

 

 

 

==jazz singer TAEKOさんのホームページ==



 

CD 「江州音頭」 滋賀県江州音頭普及会

  櫻美家 天勝が作詞・口演した「水郷めぐり」が収録されています 

  滋賀県江州音頭普及会またはヤマセビル3Fにて1,300円で購入いただけます


 

 

本 「滋賀の盆踊り 江州音頭」 サンライズ出版

  櫻美家 天勝と歌詞「水郷めぐり」「四季折々 湖畔の宿」を紹介いただいてます

  書店またはヤマセビル3Fにて2,200円で購入いただけます


お問い合わせ

                           〒523-0893

滋賀県近江八幡市桜宮町206-20 ヤマセビル302                               

                              Tel/Fax: 0748-33-0080 (9:30〜15:30)

                              Email:goshuondo@zc.ztv.ne.jp